お肌の過保護が赤字に!?

「乾燥肌」「脂性スキン」など各種パターンのスキンがありますが
そんな階級を防ぐためには、適度な接待が大切です。

ただし、あまりにも構いすぎるという
返ってマイナスになる可能性もあるのです。

例えば、脂性スキンの第三者は
顔面に脂が浮いたような体感が気になり
頻繁に洗浄や脂受け取りをする第三者もいる。

もちろん、仕事中や外で洗顔するのは難しいですが
お手軽にやれる脂受け取りは、極めてやる第三者も粗方
女性だけでなく、脂受け取り用紙を持ち歩くメンズもいるほどだ。

つまり、お肌のテカリが気になり出すって
タイミングをみつけてふき取る結果安心できるのです。

だが、こういう過保護ともいえる接待が
一層マイナスになることもあります。
脂食い分が少なくなったお肌は不安になり
失われた脂食い分を取り戻そうって皮脂をオーバー分泌するからです。

これは、シャンプーのときにも言えることですが
べたっとした脂っぽい髪からサヨナラするために
スカルプをゴシゴシすることがNGなのは
それほど知られていますね。

お肌の場合もそれと同じで
過保護にならない適度な接待をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です